07of 12

母ちゃんは娼婦だ
母ちゃんは娼婦だ


 la_maman_et_la_putain

08of 12
tools
<html>
    <head>   
    <link media="screen" rel="stylesheet" href="http://korisute.up.net/image/colorbox1.css" />
    <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.4/jquery.min.js"></script>

    <script src="http://korisute.up.net/image/jquery.colorbox13.js"></script>
    <script>
        $(document).ready(function(){
            //Examples of how to assign the ColorBox event to elements
            $("a[rel='example1']").colorbox();
            $("a[rel='example2']").colorbox({transition:"fade"});
            $("a[rel='example3']").colorbox({transition:"none", width:"75%", height:"75%"});
            $("a[rel='example4']").colorbox({slideshow:true});
            $(".example5").colorbox();
            $(".example6").colorbox({iframe:true, innerWidth:425, innerHeight:344});
                        $(".examplehttp://livedoor.blogcms.jp/blog/koreastation/article/edit?
      id=006")
      .colorbox({iframe:true, innerWidth:8533, innerHeight:2510});
            $(".example69").colorbox({iframe:true, innerWidth:3640, innerHeight:24});
                        $(".example7").colorbox({width:"380%", height:"840%", iframe:true});
見苦しい田舎者は、どうでもいいような固定観念に縛られて行動してしま
      いがちなうえ、下らない過去の体験にいつまでもいつまでも引きずられてしまいがちなのだが

            $(".example8").colorbox({width:"50%", inline:true, href:"#inline_example1"});
            $(".example9").colorbox({
                onOpen:function(){ alert('onOpen: colorbox is about to open'); },
                onLoad:function(){ alert('onLoad: colorbox has started to load the targeted content'); },
                onComplete:function(){ alert('onComplete: colorbox has displayed the loaded content'); },
                onCleanup:function(){ alert('onCleanup: colorbox has begun the close process'); },
                onClosed:function(){ alert('onClosed: colorbox has completely closed'); }
            });
           

      これに頑固さや説教ぐせや屁理屈コキなどが加わるとほんとに目も当てられない程ひどくなる。
        教えたがりに限ってろくなもんじゃないのはこれ鉄則。
        なぜならかれらは「旅とは自ら新しい扉を開けて体験するものなのだ」
      ということをおれに改めて教えてくれるからだ。
先入観で曇ったメガネをよく拭いゴムの伸びたパン
          ツを履き替えろ
 
        //Example of preserving a JavaScript event for inline calls.
            $("#click").click(function(){
                $('#click').css({"background-color":"#f00", "color":"#fff", "cursor":"inherit"})
      .text("Open this window again and this message will still be here.");
                return false;
            });
        });
    </script>

<script>
$(document).ready(function(){

    // hide #back-top first
    $("#back-top").hide();
   
    // fade in #back-top
    $(function () {
        $(window).scroll(function () {
            if ($(this).scrollTop() > 100) {
                $('#back-top').fadeIn();
            } else {
                $('#back-top').fadeOut();
            }
        });

        // scroll body to 0px on click
        $('#back-top a').click(function () {
            $('body,html').animate({
                scrollTop: 0
            }, 800);
            return false;
        });
    });

});
</script>

<script type="text/javascript"> 
        $(document).ready(function(){
            $("#report tr:odd").addClass("odd");
            $("#report tr:not(.odd)").hide();
            $("#report tr:first-child").show();
            $("#report tr.odd").click(function(){
                $(this).next("tr").toggle();
                $(this).find(".arrow").toggleClass("up");
            });
            //$("#report").jExpand();
        });
    </script>


CSSやJQueryでピューとなる感じの
韓国ワザありTOOLなおともだちの話


韓国を離れて3年目になるという光州からちょっくら上がったあたりの新泰仁出身の年上の27歳(日本式年齢)で苗字はチェッというがけっして不平不満が多いというわけでもない韓国女がいて、こいつが持ち前の素朴さと近眼と情の深さと美貌で俺的には割りとまんざらでもないんだが背も高くて体も締まってるし携帯とかあんまり弄んないほうなので以前から注意して観察していたわけだ。そんでもってなんだか先日めずらしくきっかけが出来、相模湖のほうに一緒にドライブしたとき、帰りにスシおごってDAMで唄っておっぱい触ってチューして、その勢いで国立の中央高速はいる手前のホテルに連行したりとかしたんだが、本人が見るとまずいのであんまり詳しくは書けない。ほんとうは一部始終書きたいが。

ま、素朴で美人でよく締まって気立ても悪くない27歳の韓国女はひょっとするとそんじょそこらに掃いて捨てるほどいるのかもしれないが、최がどのくらい素朴なのか説明しとくと、これが夏場はどうしたって水分摂取が絶対不可欠なのだと病的なほど頑なに思っているちょっと一途すぎる人で、江南のモールで見繕ってきたようなちょいと小粋なモデルみたいなバッグに「おーいお茶」の2リットルのペットボトル突っ込んで歩くような素朴さだといえばみなさま多少イメージ湧くだろうか湧かないだろうか。それに肉とかあまり食べないので香水つけてもいないのにいつもいい匂いがするし(でも乳首を吸うとなつかしいキムチの匂いがちゃんとするし)、容貌はぺスルギみたいに顎がスッとしているので余計好感もてる。

せ
http://www.sexisfunny.com

そのうえどこで覚えてきたのか男子の急所や想定外の場所などを(詳しく書けないが)自らすすんで念入りによーく舐めるタイプなので、俺も気に入ってしまって(詳しく書けないが)以降はたまーにやらせてもらっている。要は俺のことが好きで好きでしょうがなくて、もー頭がおかしくなるほどに大好き!찐짜찐짜、좋아해… みたいなんだな。だいたい昼夜通して(詳しく書けないが)7回ぐらいは水分補給しながら平気でやることもある(詳しく書けないが)。それでいつも(詳しく書けないが)凄いことを口走りながら(詳しくは書けないが)凄い逝き方をする。ま、それでもおともだちなんだけどね(詳しく書けないが)。

そんでまあそいつがウエブデザインの仕事をやってたりする関係で(風俗系が多いみたいだが)暇を見ていろいろこのブログにもツールを搭載してくれたりしてるわけである。で、ある人からこのあいだ「ツールの入れ方をぜひ教えてほしい」とゆうメールがあったものだから、いい機会なのでついでにここにスクリプトを載せておく。難しいことはわからないがな。

まあキミよろしく参考にしたまえ。


035
09of 12

YOUNG-HAE CHANG
HEAVY INDUSTRIES

http://www.yhchang.com/

30-PM2-600x323


10of 12

15107658

韓国エレクトロの超新星
天才キムダルム嬢
みょんどん君のツイートに返信する。


kimdaul

http://twitter.com/Magicalbeat/status/106198776246571008


11of 12

KPOP MissAぺスジをめぐる
どうでもいい話、

ここ一ヶ月間ほどのブログ来訪者の検索キーワードに関しては数日前の別エントリーに載せたことがあるのだが、やはり気の毒なのはどうしたって韓国美少女KPOP歌手兼女優の満16歳「MissAぺスジ」さんである。なぜかといえばグーグルJAPANで「ぺスジ」とググると、トップか2番目に俺のこの記事がきてしまい、そのせいで「ドリームハイ」を観てぺスジに興味を持った純朴で悪気のない日本人ファンのみなさんのおそらくほとんどが、大便にまみれた韓国ドラマの聖性をめぐる何たらかんたらな、下品でくだらないメモ書きを否応なく眼にせざるをえなくなってしまうからなのだ。でもこれ、本人やJYP関係者に申し訳ないと同時に、ちょっと痛快ではあるね。

もともとぺスジについては、光州の実家がぼろくて汚いトッポッキ屋で…なんてゆう下世話な出自に痛く興味を魅かれ、失礼極まりないがいっちょ光州までわざわざ出向いて状況をつぶさに見学し続編で少し詳しくブログ記事にでもしようと考えていたんだが、震災があったりなんやらでアタマがごちゃごちゃになってる間に、ぺスジさんの実家では汚いお店をきれいにリニューアルなさっておしゃれな カフェを新装開店してしまいました、などという噂を小耳にはさんだ。おそらくはタレントイメージの悪化を懸念した事務所が早めに手を打ったんだろね。それこそ小汚くなけりゃ知ったこっちゃないし、実家が高級料亭ならば何の問題もなかったのだと思える。まあこのあたりの事情はネットで調べれば簡単にゲットできるだろうし、ま、いまさら俺のテーマじゃないし、彼女の実家の商売がうまくいくことを祈るばかりだ。余計なお世話だろうが。

Google Map ぺスジの実家への行きかた
光州駅北口を出て송암47系統のバスに8分ほど乗車、最寄停留所무등図書館前にて降車し、우산近隣公園を突っ切って図書館正門に出るとまさに正門の道を挟んで対面側。 大きな地図で見る

とまあそんな経過があってしばらくして、暇なとき韓国の娯楽番組をチェックしていたら(注1)、ぺスジに関してはちょっとした発見がひとつあって、それはよくある有名人の故郷をたずねて昔お世話になった人が登場して面白おかしく過去を暴露するスタイルのクイズ番組だったんだが、要はそれにぺスジが出てて 実家のカフェが紹介されてた。そんで店の名前は何かなと思ってたら、これが「秀(ス)」という店名で娘の名前からとったとか親が言ってた。

images
배수지
ネイルム修智ガアニンデ♪

そんでナニが発見なのかというと、けつろん、それまで俺はぺスジの本名の漢字表記をうっかり裵修智だと決め付けてたんだが、じつのところ裵秀智であったのだなとテレビ見て気づいた次第。まあ非常に細かくてほんとうにどーーだっていいことではあるが。俺にとってこの違いはでかい。ウィキぺディアの編集IDをもってる人で暇な人がいたら、出来れば早めに直しといてあげるといいんだけどね。ぐえーへっへ。

注1 タルコナ 달콤한 고향 나들이 달고나 (3회)  2011-05-13
 http://tv.sbs.co.kr/dalgona/



12SEPARATED/小森アレキサンドルによる断章的観光随想12分割、もしくは混沌の破片(カオスのかけら)1 to 6 of 12

12of 12

および KPOP
T-ara日本征伐始動について

ひと言

359279871
左から、
恩晶(カパッと口を開けている)、エップン朴智妍(大胆に開いている)、QRI李智賢(微妙に開いている)、ラムポ全寶藍(力込めてピタッと閉じている)、孝敏朴宣映(風通し良くやや変則的に開いている)、朴昭姸(厳重に閉じている)、劉花英(パックリ開放されている)


ま、それはそうと俺のT-araの日本征伐ついに本格始動であるが、デビュー曲のMVにこれといったインパクトがなくて少々残念だ。いったいどんな層をターゲットにしているのかが全く見えてこない。できれば多少力みかえってクドサを前面に押し出したほうが、本来のカツオ風味のT-ara出汁が いっそう香ばしく匂ったことであろうし、韓国版同様セクシーバージョンで露出攻勢をかけ、お色気戦法で目くらましに出るのも時と場合によっては良かったのになあと思えてならない。もとよりT-araの持ち味とは、背伸びしたところでどうしたって拭いきれない宿命的なB級感(2流感)にこそ存在するのであり、あえて言えば、そこがグループとしてのT-araのおいしさであるのだと俺は断言する。製作サイドはそのへんよく理解していないようだ。

【俺のT-ara】ありえるはずもない70年代復古歌謡「RolyPoly」を聴く

その一方で国内活動曲の別アレンジ「RolyPoly Copacabana Ver.女高卒業班」MVの脱力ぶりは爽快なまでに投げやりで自由奔放でかつて観たことがないほど非常に好ましい。ジヨン・朴エップンはガムを噛み噛みだるそうに踊ってるし、ヒョミン・朴ソニョンのボタン全開=やりまんチックな蓮っ葉ぶり、ラムポ・全ボラムはといえば例によって他の面子にビビってるし、小豆色のチュリニン服をだらしなく着こなしてウダウダするT-araの面々は疲れきってやる気がホントにないのか、ダンスもぜんぜん揃ってない。気のせいかカメラもぶれまくってる。 うーむ、これこそ俺のT-ara

tarajiyuu

たとえば市外バスに乗ってソウルに日帰りで遊びに行くには、自宅を朝5時台に出かけないと日の明るいうちに帰ってこれないような地方の中小都市女子高生の中途半端で退屈な感受性、あるいは学業がぱっとしないわりに都会地への憬ればかり強くて、いつも夢見がちである反面じっさいは現実の壁に疲弊しきっている。でも、かといってイルジンの仲間とつるんで援交したり飲酒したり真剣にやさぐれるほどの勇気もそのじつ持ち合わせてはいない。そんな韓国平均値の数え年20歳前後女子の甘ったるい体臭やけだるい皮膚感覚を、たぶん無意識のうちにからだで表現しきっているT-araの面々はなんだか理屈を超えてただただひたすらに感動的であり、これはもう涙がでそうになるくらい凄いことであるのだと俺はここで声を大にして力強く叫んでおきたいのであった。

389030273
誰よ?右の女

2011/09/04 09:26:26
@b89530 밑에 내사진ㅋㅋㅋㅋ아오 이상하게나와떠ㅜㅅㅜ왜하필...ㅋㅋㅋ 효민짱배려?ㅋㅋㅋ 배고파..









 

  • Share on Tumblr
  • add to hatena-bookmark
  • .
     add comment

    


about R.O.K.
       more cutie-sounds


  • Kim Myung-Gon Sound Vol.1
    23 tracks, total time: 1:49:47

    When I Feel Love - Nami 1987
    Round And Round - Nami 1985
    Got To Give It Up - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Shake Your Booty - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Fire, Come Together - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Birthday - Garam Gwa Mae 1978
    Blue Jeans - Black Butterfly 1981
    For Elise - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    After You Leave Me - Jang,Deok 1986
    Love Feeling - Yoon,Ik-Hee 1991
    The Rain Pours Down - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Silent Night Holy Night - Seoul Nageunae 1976
    Jingle Bells - Seoul Nageunae 1976
    Wandering - Gu,Chang-Mo 1986
    Symphony No.5 - Sarang Gwa Pyunghwa 1978
    Temptation - Lee,Jae-Young 1990
    Flying In The Deep Night - Lee,Mun-Sae 1987
    A Day Of Sunrize - Seoul Nageunae 1976
    Balloon In My Heart - Seoul Nageunae 1976
    NoNoNoNoNo - Ha,Soo-Bin 1992
    Rose - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Dokdo Is South Korea Land - Jung,Gwang-Tae 1982
    Ave Maria - Sarang Gwa Pyunghwa 1978




    All songs arranged & performed by
    Kim,Myung-Gon (1952-2001)



    https://soundcloud.com/koreastationnouveau/sets/kim-myung-gon-sound-vol-1







▼ highlight



▼ articles


記事検索



  • ライブドアブログ
                     
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Back To Top