Hotel Ichigo

Lluvia de Primavera - Bebu Silvetti



Bebu Silvetti (Quilmes, 27 de marzo de 1944 – Miami, 5 de julio de 2003)
fue un pianista, compositor, arreglista y productor argentino. Su éxito más grande fue el tema Lluvia de primavera (1977), de música disco. Compuso más de 600 temas, unos 200 comerciales para televisión y radio y música original para telenovelas, películas y home vídeos.


Bebu Silvetti - Wikipedia, la enciclopedia libre





韓国デリヘル、いわゆる韓デリといえば正直みょんどん君も中2の初撃ち以降、それこそ毎日オナニーをするかのごとく熱病に憑かれたようにしつこく利用させてもらったものだ。人生の方向性に大きな悪影響をもたらした元凶といっても過言じゃない。冗談抜きで現在みょんどん君のきょこんのきとう部分が少々先細り気味なのは、成長期の激しい荒淫のせいで肉が溶けて擦り減ってしまったからなのである。

-------  小森アレキサンドル

煉獄の狂乱NN地帯=鶯谷極悪盗撮余波、亡国亡身東京遠征アガシ部落について私が知っている2,3の事柄



きっとごく少数なニッポン男子の誰もがそう感じているとは思うが、
やはり韓国女の情の深さには常人の理解を超えるものがある。異論はなかろう。ベルギーの女もなかなか情が深いよとフランスのムッシュさん達の間では語られもするらしいが、ヨーロピアンよりもアジアンの血が濃い俺にはなかなかイメージが湧かない。いやいやコートポジアールの女だって案外隅に置けないんだぜと西サハラの黒べえたちからも大いに反論出そうだが、そっちも今んとこまあいい。だけどもどうやらサムスンやケーポップや辛ラーメンなどが先導する昨今の下品な韓式グローバル化に伴い、韓国女の情の深さが世界共通認識となる日もひょっとするとあんがい遠くないのではないのかと、最近俺にはそう思えたりもする。


uguisu (34)



uguisu (37)



uguisu (58)



uguisu (26)



uguisu (81)



uguisu (32)



uguisu (43)



uguisu (13)



uguisu (2)


悪辣なまでに美麗でお熱いお肌としなやかな骨格。
時には過剰な濃厚ホスピタリティ。
発狂すると手がつけられない直情さと澄んだ真心。
心地よく水気を弾くセラミックのごとき朝鮮語の滑らかな律動と
突如荒ぶる激音や濃音は耳の法楽。
剃り残した短い髭に噛み付いて根絶やしになる迄ひっこ抜く貪欲な唇。
なつかしい趣のある馨しき口臭や体臭に、
コリッと硬質でざらついたチューブのなかの温かみ。
奥に滑り込むほどさらに引き摺り込む甘ったるく凶暴な粘膜。
そして腰使いの切れ味と牛馬さながらのスタミナ・・・

讃えはじめりゃ枚挙に暇はない。しかし一度迂闊に溺れれば、それは誰もが無事ではおれないだろう底なしの魔寳池。うっかりすると精神を根こそぎやられて忽ちにして人事不省に陥り、判断力や理性そのものを瞬時に犯される代物。それは脳神経系にとりかえしつかない致命的な毒を自ら望んで撒かれてしまうようなものだ。

気がつくと韓国女に魂ごと抜かれ、
幸せな家庭を崩壊させたり、
資産を失って路頭に迷ったり、
食欲が絶え痩せ細って寝床から起き上がれなくなったり、
職場でわけもなく上司と乱闘したり、
電車で昼間から叫んだり、
涙が溢れたり、
ビルから飛び降りたり、
知的に障害を生じたりと、

己の人生の道行きが根底から覆り、阿鼻叫喚の挙句破滅に至ったなどという例は、ニッポン国中そこらじゅうで耳にする日常茶飯事的ありふれた出来事なんであるから、キミも注意したほうがいい。ほんとうだ。俺の周りには少なくともそうゆう廃人が4、5人はいるね。


uguisu (76)



uguisu (80)



uguisu (77)



CIMG1896



uguisu (29)



uguisu (56)



uguisu (61)



uguisu (62)



uguisu (9)



uguisu (42)



CIMG1830


まして世間知らずな了見の狭い人々がにわかにはお前の言を信じることはできねえ、と思わず疑心暗鬼になってしまう幾つかの仕方ない理由としては、かつて韓国女に廃滅させられた不運な者たちの誰もがその重大かつ衝撃的な事実を、読売新聞や毎日新聞に宛てて己の懺悔のために投書せず、ならびにニッポン放送や文化放送に宛てて誤ちの告白をするためのハガキを送ることがなかったせいではないかと俺は睨んでいる。ネットや2ちゃんねるも然り。そもそも韓国女に溺れた過去を積極的に明かす行為には並々ならぬ勇気と膨大なエネルギーと厚顔無恥な魂とが三つ同時に必要だからだ。

うん、キミ苦しいねえ。お察しするよ。
さあオッサンよ、はやく楽になれ。


俺がつねづね思うに、おそらくは、はるかな16世紀の昔、豊臣を裏切った沙也可の荒くれ武者衆もいつ止むともしれぬ長い戦の中途でたわむれに挿し込んでみたナマ朝鮮娘のスパイシーな魅力に骨抜きにされ、おちおち日本に帰国するの嫌になっちゃたってのが案外その真相だったんじゃないかと、日本史研究の学者諸君に真っ向から挑戦してみたくもなってくるのだな。だがこれ、十分ありうると思いますね。けっこうね。


uguisu (44)



uguisu (69)



uguisu (49)



uguisu (72)



uguisu (63)



uguisu (33)(1)



uguisu (24)



uguisu (30)



uguisu (59)



uguisu (1)



uguisu (21)



uguisu (20)


ま、歳月は流星のように瞬いて痕跡も残さず流れさる、あるいは射精のように素速く飛び散ってそのまま下水に流される。ねがわくば、韓国女が、未知のあなたにとって具合のいい下水の羽目板になりますようにと、いつだって俺は窓辺でエロの女神さまに祈りを捧げつづけているのさ。ほらみてごらん、夜空のむこうにまた、白くてドロっとした星屑がはじけて散ったよ。ああほんとになんだかバカみたいに魅惑的だね。なんべん繰り返しても飽きることを知らない。まったくもって狂っているねえ、この営みは。

봄비 - 김추자




김추자 (金秋子, 1951년 1월 2일 ~ )
1951년 1월 2일 춘천에서 5녀 중 막내로 태어났다. 춘천여자고등학교를 졸업했다. 고등학교 때에는 응원단장, 강원도 배드민턴·기계체조 선수였다. 춘천향토제에서 전통 창인 〈수심가〉를 불러 3위에 입상하였다. 1969년에 동국대학교 연극영화과에 진학하였다. 대학교 신입생 노래자랑에서 1위를 하였고, 그 해 신중현의 녹음실로 찾아갔다. 신중현은 김추자의 노래를 듣고 곡을 주었고, 1969년 데뷔 음반이 발표되었다. 가창력과 섹시한 춤을 겸비한 김추자는 1970년대에 큰 인기를 끌었고, ‘담배는 청자, 노래는 추자’라는 유행어까지 생겼다. 음악적 스타일로 보자면 대부분 신중현이 작곡한 김추자의 음악은 신중현이 추구하던 한국적 록이었다. 사이키델릭 록처럼 당시 유행하던 트로트와 차별되는 현대적인 음악에 한국적인 요소를 섞은 음악이었다. 예를 들어 데뷔곡 〈늦기 전에〉를 들어보면 처음에는 소울과도 같지만 후반부에는 판소리 창법이 도입되었다.


김추자 - 위키백과, 우리 모두의 백과사전




ぐえーへっへ。





撮影 小森アレキサンドル







 

  • Share on Tumblr
  • add to hatena-bookmark
  • .
    4
    • へべれけ's comment
    • March 08, 2012 21:51
    • [big][big][big][color=#F00]明るくスパニッシュ!!!
      どよーんとフレンチ。
      ステップの決まらない、社交ダンス。

      なんともRGBのアールが退色している写真が、70年代のビニールプールを思い起こさせる。よく行った場所が70年代になっているわね。私の所でアキ子といえば和田だわ。「おら!おら!おらー!!!」の世界ね。
      記憶の吹き溜まりには澱がたまっている。
      鉄くず屋、おしぼり工場、なんに使うか判らない大量の雑巾が干してある家、朝鮮漬けの甕、よくわからない改造を施した中型バイク。
      澱の中の記憶を書き分けると、
      この界隈と新宿、池袋あたりが似ていたのよ。
      別に用事も無いけど行くことも、逝く事もあったわ。

      韓国女は情が激情の劇音の裂音だったりするし、
      まったりとしたいのに
      べったりともっちりと
      チューインガムが道にくっ付いて離れないくらいの汚れも飲み込んで、
      ついでに唾もマッコリよりも白濁で蜜よりねっとりしたものも
      包み込んでしまう柔軟で気だるい魅力に取り憑かれてしまうのは、
      理性よりも野生だと世間は言う。
      いやいや性力とあがめたくなる聖力に重力が作用しているからなんだね。

      沙也可のことだけど、日本に連れ帰った朝鮮美人の絵姿があるので、それもあるかもね。毎日取り憑かれて、腰を動かしたのだろう。
      因みにわたくしは韓国女だけでなく
      タイもフィリピンもミャンマーもタンザニアもロシアもウクライナも
      どんとこい!!
      ただし、愉楽は相手に保障しない。
      磨り減りすぎているゆえ。[/color][/big][/big][/big]
  1. 3
    • 僑胞's comment
    • March 07, 2012 11:32
    • お返事有難うございます
      写真改めて見ると昭和の匂いがしますね

      [strong][big][big][big]こうしてコメントするのも緊張するほど貴方の文才には感心しています[/big][/big][/big][/strong]

      コメント固すぎですかね?
      兎に角、いつも更新楽しみにしてますよ! アンニョン♪
  2. 2
    • 명동군's comment
    • March 07, 2012 06:23
    • はじめましてどうぞよろしくお願いします
  3. 1
    • 僑胞's comment
    • March 06, 2012 16:16
    • みょんどんさん、はじめまして
      ワタシヌン、貴方の文章が大好きで
      いつも楽しく拝見しております
      これからも更新楽しみにしておりますので
      アンニョン♪
     add comment

    


about R.O.K.
       more cutie-sounds


  • Kim Myung-Gon Sound Vol.1
    23 tracks, total time: 1:49:47

    When I Feel Love - Nami 1987
    Round And Round - Nami 1985
    Got To Give It Up - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Shake Your Booty - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Fire, Come Together - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Birthday - Garam Gwa Mae 1978
    Blue Jeans - Black Butterfly 1981
    For Elise - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    After You Leave Me - Jang,Deok 1986
    Love Feeling - Yoon,Ik-Hee 1991
    The Rain Pours Down - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Silent Night Holy Night - Seoul Nageunae 1976
    Jingle Bells - Seoul Nageunae 1976
    Wandering - Gu,Chang-Mo 1986
    Symphony No.5 - Sarang Gwa Pyunghwa 1978
    Temptation - Lee,Jae-Young 1990
    Flying In The Deep Night - Lee,Mun-Sae 1987
    A Day Of Sunrize - Seoul Nageunae 1976
    Balloon In My Heart - Seoul Nageunae 1976
    NoNoNoNoNo - Ha,Soo-Bin 1992
    Rose - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Dokdo Is South Korea Land - Jung,Gwang-Tae 1982
    Ave Maria - Sarang Gwa Pyunghwa 1978




    All songs arranged & performed by
    Kim,Myung-Gon (1952-2001)



    https://soundcloud.com/koreastationnouveau/sets/kim-myung-gon-sound-vol-1







▼ highlight



▼ articles


記事検索



  • ライブドアブログ
                     
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Back To Top