서울특별시 종로구 창신동

  서울특별시 종로구 창신동   
   写真とキャプション 小森アレキサンドル  
   Sep. 2012   

ソウル昌信洞

ソウル昌信洞。
わりと俺が好きなソウル路地。

内臓系肉スープや内臓ソテー料理など、専門朝鮮食堂密集地を行きかうひとびと。
東大門すぐ傍にあるのでうっかりここは東大門区なのかと思いきや、
その実鍾路区の東端なので注意が必要。

日本人ですか?ハンサムですね

精肉の、臓物のいシャツの女将。
あなた日本人ですか?ハンサムですね。
と、リップサービス忘れない二流の街角親日派。

허파(ホパ)はニッポンのお店ではホッペと言われたりもするが、
それけっして頬の肉でない。

大きく息を吸って再度女将、

ほんとうに、あなた、ハンサムです。


暗黒の70年代

昌信洞旅館横丁。
暗黒の6070年代、世の中を拗ねる悪さのトンチリが燻っていた路地。
のちに彼はチンピラ風情からやがて国会議員にまで成り上がった。
その後は知らない。


자식
 어듬의 자식들   -  황석영


映画の影響で、ルポ「暗がりのせがれども」の背景地は、ソウル駅前陽洞や清凉里588だと
ついつい勘違いをしてしまいがちだが、実際はここ昌信洞こそ最も重要なロケーションだ。

麻薬・強盗・傷害・誘拐・詐欺・淪落…
各種ソウル犯罪行為のもっともライブな現場であった路地。

あのころ夜な夜な十代半ばの売春婦たちは…


風化。窓枠の装飾

いびつに丸いまま、風化。窓枠の装飾。



美人女子美術大生

日曜の朝。
古きよきソウルの「文化財」に大胆に醜悪なペイント行為する美人女子美術大生ら。

俺にいわせれば、
これまさに近過去に対する冒涜。風景破壊への不感症。
美術専攻にあるまじき卒倒しそうな暴挙。

どうせ再開発されるからといって、これけっして許されるものではないだろう。
ただ、若くて美しい
女子美大生の暴挙冒涜だから、いまこうしてなんとか耐えうる。
しかし、ま、これが大韓民国。目くじら立てない立てない。

だけど複雑な気持ちで俺、
背後50センチぐらい距離から2分ほどその工程見守っていた。
すると
美人美大生、
ふいに振り返り「…あら先輩様」と、俺に向かって微笑んだ。

どうやら俺、どこぞの誰かと間違えられた模様。
清潔感があり、美大生とても風貌がよい。

話変わるが、ところで俺、きみをそこの個室に引っ張り込んで

小一時間ほど説教や折檻などしたいと思うが、

果たしてどうか。


某旅人宿入口

某旅人宿入口から内部を失礼した。
玄関右脇に手書きの「沐浴湯」の文字いじらしい。
その奥に古びたコンクリート階段。廊下をはさみ安易なドアが各階5室ほどずつ。

「一晩15000ウォン、月極め180000ウォン」
水場でキムヘジャ似肥えた美人のハルモニ、まるで二十歳の処女のような声で言う。
現役なのか抱え主なのかいっしゅん区別つかなくなる俺。
そのあくどさと老練の魔術。あげくニッポン語すら駆使。

「夜はとっても綺麗の優しいのおねえさんが、朝までとってもとってもよくするよ、アナタ大好きね」

俺、脳のほうからじょじょに白い蜜流れる。

こんな素敵な宿いったい誰が宿泊するのだろう。


宿泊客らしき人物

と思ってたら、中から宿泊客らしき人物出現。
江原中部出身のパク某、58歳。本日も就職活動颯爽出発。(推定)

いままでいくたび彼、この露地で白い蜜流したことだろう。
とりあえず、なにはともあれのグッドラック。

本日、天気晴れてるだけですでにキミの勝ち。


後姿

颯爽のパク某。
後姿この上なくゆるくて、好感。
俺、思わずトースト奢る。

そして旅人宿壁面にはスーパーマリオブラザー。
いまさっき塗料塗りたて。

いったいぜんたい、なんだかなあ…


現代旅人宿

現代旅人宿と向かい合う東海旅人宿。
すでに50年向かい合う。

塗り替え断固拒否するシャイな東海フロップハウスのもんぺ小母、
過去をなつかしみ、
あたかも他人事のようなモノローグ。

70年代初め、往年のソウル暗黒淪落全盛の時代のアガッシならば
一晩に20人は平気で客を受けたものだよ…それがいまではあんた…。

俺、オールナイトで体を買い占め、小母さんに十代の頃の追憶、
一晩語りつくしてもらいたくなる激しい衝動。

深い秋、垂れ乳の渋い夜明けにセマウルの歌。
きかせてくれ婆ァ、遠い昔の晩、蜜流れ、月は錆び、枕に沈めた寝床哀話の数々を。

201209 039

程よく錆びたり程よく褪せたり。
路地もひとも。


町内志願警備員

自称町内志願警備員たち。
普段はおおむね自宅蟄居も、本日は早朝から自主的私服任務。
街路の安寧や治安の維持その他、
若くて美しいボランティア美大生らの詳細な動向観察などするための右往左往。
そして、

路面電車描く美大の美しい朝鮮半島お嬢さん。
その色使い、なかなかの美しい色使いで、やはり彼女も彼女なりの近過去冒涜。
俺感心したので、背後30センチぐらい至近距離から、不意に、
ゲンズブール風口調よそおい、

「(色) きれいですね…」と。

そうしたら、何かを都合よく聞き間違えたのか、美しいお嬢さんにわかに赤面し、
筆がとまり、目線泳ぎ、酸っぱい花の香りを立ちのぼらせる。

見る見るうちに、うなじやふとももまでもが美しくピンクに染まり、
朝鮮半島のお嬢さん、やがて俺の目前で実に美しい色使いの人に変色する。

…たまたま俺がタイプだったのかもしれんな。

お腹がすいてるならきみに俺のトーストを奢ってやってもいい。
なんならバターをたっぷり塗ってあげたっていい。




201209 032

コンクリートの地面がすでに苔色に変色している。
漢城旅人宿と順興旅人宿(廃業) と傍らの衛生的なタイル壁面。



50年前から教会

50年前から教会が見えている。



露地

黒い髪 - 文貞淑
1964




文貞淑


201209 047

鍾路46가ギル24→1

問題地帯ー昌信洞私娼街
暴力麻薬売春、社会三大悪の温床

1967年8月22日 東亜日報

1967922

…昌信洞が私娼街に変貌したのは625(朝鮮動乱)休戦後、清渓川辺に難民がバラック小屋を立てて避難生活を始めたころのこと。いわば鍾路3街よりも早い時期に売春集結地が成立していたといってよい。その副産物として昨今暴力や麻薬密売等社会三大悪の温床化がすすみ、火災危険地区として当局の悩みの種にもなっている。

この間東大門警察署によって摘発された暴力事件のおよそ半数がここ昌信洞の私娼街において発生し、管轄する昌清派出所には毎晩平均32件の「112番申告」が寄せられている。昨年12月末には韓鳳珠なる警察官が健康体であったにもかかわらず、あまりの暴力沙汰の多さに
着任一ヶ月で体を壊し、ついには胃腸病で殉職するまでにいたるといういわくつきの「問題地帯」なのである。

また、さる3月からこの場所の娼婦らの検診を任されている医師孫永祐によれば、地元性病診療所に登録された330名の娼婦のうち、90%は膣炎・頚管炎など慢性的な疾患にかかっており、35%~40%は淋病・梅毒などの法定性病保菌者であることが明らかになっているという。さらに深刻なのは、さる6月に保健所と警察署の取り締まりが終わるやいなやここ最近3ヶ月で検診を受けに来た娼婦はただの一名もいない状態ということ…



「郷愁」

「郷愁」 鄭芝溶

淪落の路地にはいささか不釣合いな、有名な大韓民国の詩。
併合の年に生まれた零落両班の末裔(ニッポン名・大弓修)は1930年代に名を成して
1950年代、北に拉致られ、その後死んだ。

数々の文学的達成もさることながら、李箱らを見出した編集者としての成果によって
現在もなおさら、朝鮮文学史上に重きをおかれているものと思う。



オーマイ昌信洞

…さよならオーマイ昌信洞。
崩れても好きなひと。









 

  • Share on Tumblr
  • add to hatena-bookmark
  • .
    6
    • 명동군's comment
    • October 09, 2012 12:54
    • > 古きよきソウルがどんどん失われていくようで残念です
      > 懐かしい

      トンカスなんとかさんコメントありがとうございます。
      そうですね、残念な気もしますね。
  1. 5
    • トンカス饂飩's comment
    • October 07, 2012 11:37
    • 古きよきソウルがどんどん失われていくようで残念です
      懐かしい
  2. 4
    • 명동군's comment
    • October 06, 2012 21:15
    • > >この件、かつて韓国文化財庁や該当の区庁長宛てに長文の苦情メールを送りつけたことがあるのですが見事にスルーされました。
      >
      > みょんどんグン、そのままにしろっと苦情ですか(笑 イイネッ。
      > 異常者ですね(褒め言葉)
      >
      > あー、ところで置屋街、ィヨコハマの黄金町らへんの活用の仕方は好きですね。置屋でフラ教室とか。
      >


      イ横山さん風な国際空港さん、コメントありがとうございます。
      ま、ニッポン男の心意気というやつですね。

      柳宗悦を見習いました。(笑)
  3. 3
    • 名無し国際空港's comment
    • October 06, 2012 12:07
    • >この件、かつて韓国文化財庁や該当の区庁長宛てに長文の苦情メールを送りつけたことがあるのですが見事にスルーされました。

      みょんどんグン、そのままにしろっと苦情ですか(笑 イイネッ。
      異常者ですね(褒め言葉)

      あー、ところで置屋街、ィヨコハマの黄金町らへんの活用の仕方は好きですね。置屋でフラ教室とか。
  4. 2
    • 명동군's comment
    • October 06, 2012 02:34
    • > ワタスもこういうところを、アートな人々が壁画とか書くのあんまり好きじゃないです。
      > 梨泰院近くの解放村も着々とアート。
      > テハンノの梨花洞だったか、最初の頃のそういう系の街並みにアート、
      > 今じゃなんかさみしい風景になっちゃてます。




      そうですよね。
      そうですよね。
      そうですよね。

      じつにオラもそう思います。
      なぜそのまんまにしておかないのかと腹が立つほどです。
      この件、かつて韓国文化財庁や該当の区庁長宛てに長文の苦情メールを送りつけたことがあるのですが見事にスルーされました。

      ま、相手から見たら、オラは完全に異常者なんでしょうが、せめてひとことふたことあってもいいんじゃないかと悔しい思いをしました。



  5. 1
    • りうめい's comment
    • October 05, 2012 23:28
    • [big][big]ワタスもこういうところを、アートな人々が壁画とか書くのあんまり好きじゃないです。梨泰院近くの解放村も着々とアート。テハンノの梨花洞だったか、最初の頃のそういう系の街並みにアート、今じゃなんかさみしい風景になっちゃてます。

      それと、なんかべらべらすみませんが、
      統治時代の木造建築物が私娼窟になって旅人宿・チョッパン密集地域になって、壁画アートになって文化系マウルになって、開発される。これって韓国以外もそうなのですかね?気になります。[/big][/big]
     add comment

    


about R.O.K.
       more cutie-sounds


  • Kim Myung-Gon Sound Vol.1
    23 tracks, total time: 1:49:47

    When I Feel Love - Nami 1987
    Round And Round - Nami 1985
    Got To Give It Up - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Shake Your Booty - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Fire, Come Together - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Birthday - Garam Gwa Mae 1978
    Blue Jeans - Black Butterfly 1981
    For Elise - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    After You Leave Me - Jang,Deok 1986
    Love Feeling - Yoon,Ik-Hee 1991
    The Rain Pours Down - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Silent Night Holy Night - Seoul Nageunae 1976
    Jingle Bells - Seoul Nageunae 1976
    Wandering - Gu,Chang-Mo 1986
    Symphony No.5 - Sarang Gwa Pyunghwa 1978
    Temptation - Lee,Jae-Young 1990
    Flying In The Deep Night - Lee,Mun-Sae 1987
    A Day Of Sunrize - Seoul Nageunae 1976
    Balloon In My Heart - Seoul Nageunae 1976
    NoNoNoNoNo - Ha,Soo-Bin 1992
    Rose - Sarang Gwa Pyunghwa 1979
    Dokdo Is South Korea Land - Jung,Gwang-Tae 1982
    Ave Maria - Sarang Gwa Pyunghwa 1978




    All songs arranged & performed by
    Kim,Myung-Gon (1952-2001)



    https://soundcloud.com/koreastationnouveau/sets/kim-myung-gon-sound-vol-1







▼ highlight



▼ articles


記事検索



  • ライブドアブログ
                     
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Back To Top